2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Presentation Skill Session

 昨日は日曜日でしたが、朝8時半から夜7時近くまで一日がかりでPresentation Skill Sessionがありました。1 group 6-7人の少人数制で、一日みっちりとPresenの基礎を叩き込まれた感じです。まず、朝は事前に各自が考えてきたTopicで4-5分のpresenを行いました。そしてこれがVideoに収録され、全員が終わってからみんなの前でそのVideoを見て、講師の方や他の生徒からFeedbackをもらいます。Topicは仕事に関連するものがよいと事前に言われていたので、私は自分の会社のことを話そうと準備しておりました。私の順番は2番目だったのですが、トップバッターのAmericanのAのpresenは、なんとtrumpを使ったmagic!で、かなり面食らってしまいました。そのため(だけではないが)、自分のpresenはかなり最悪なものになりました。Videoで見直すとBody Languageは皆無、eye contactもかなり不十分、英語はもちろんイマイチと、いいところなく1回目は終了。しかし、1回目が悪かったので、後は悪くなりようがなく、2回目、3回目はなかなかうまく行きました。2回目は、家を売るSalesmanになり、Flip Chartを使って家の説明をする、という設定でしたが、ここではそこそこ受けも取り、うまく行きました。3回目は、Judgeの現在のprogramの改善点を提案する、という設定でした。Flip Chartを多用している人が多かったのですが、私は重要なpointだけにとどめました。この3回目はさすがに一日、他の生徒のうまいpresenを見て洗脳されたので、かなりbody languageとeye contactを多用し、いいFeedbackをもらうことができました。


 このlectureでは、presenをlogicalに構成するためのwork sheetをもらったり、効果的なFlip Char、Power Pointtの使い方を習ったり、Eye contactのとり方、緊急事態への備え方、Back up planの準備など、有益なことをたくさん学びました。しかし、1日に3回もpresenし、3回も自分の姿をVideoで見る経験は初めてで、さすがに疲れました。それに加えて、lectureは超interactiveでみんな発言しまくりなので、それについていくことが一苦労でした。(というか、あまりついていけなかったです。)


 このpresenで、欧米人との違いを改めて認識させられたように思います。彼らはやはり狩猟民族ですね。人前で話すことにとても貪欲で、とにかく気迫の違いというか、energyの違いを感じました。世界第二位の経済大国である日本人として、気後れしている場合ではないとは思うものの、大きな違いを感じた一日でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/53-337963f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。