2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Speakingゲーム

 今日は語学スクールのSpeakingの授業で、おもしろいゲームを行いました。2人1組で背中合わせに座り、一方がある図を手渡され、その図を英語で言い表し、もう一方がそれを聞いて作図をする、というものです(作図する側は一切、図を見ることはできない。図は三角形、正方形、長方形、円を組み合わせたようなもの)1回目は、作図をする側は一切質問禁止、2回目は質問可、という状況でした。さて、結果はいかに?


 自分は1回目は図を英語で言い表す役でしたが、三角形の頂点だとか、正方形・長方形の辺だとか、角度の情報だとか、細かい言葉が出て来ず、かなりアバウトな説明しかできませんでしたが、相手の勘の鋭さに助けられ、かなり本物に近い作図が出来上がりました。2回目は質問可ということで、細かいニュアンスを確認して、作図できたので、1回目よりも精度の高い作図になりました。


 このゲームのインプリケーションは、双方向のコミュニケーションがいかに重要か、そして、自分の頭の中で思い描いているイメージをいかに相手が再現できるように説明するか、ということです。これはプレゼンテーションでは非常に重要なポイントだというのがメッセージでした。


 語学スクールの授業は必ずしもすべてがエキサイティングなものばかりではないのですが、この授業はかなりいい刺激になりました。


 そして、夜はご近所の現MBA生の家でFarewell & Welcome partyがあり、2005 & 2006のMBAやその家族が一品持ち寄って集まり、新たな交流の輪を広げることができました。ケンブリッジに来てから、現MBAの方とも交流を持てたことはとても有意義でした。みな8月終盤にはそれぞれの国に帰国されてしまうと思うと、さびしい限りです。

スポンサーサイト

コメント

自分も語学学校にいた頃、似たようなゲームをしました。図を描くのではなく、与えられたお題を説明して、片方に当てさせる、というゲームでした。
図の詳しい説明とか無理ですね~。詳しい情報をどうやって伝えたらいいのか。。でも、確かにプレゼンのいい練習になると思います^^

koichiくん

コメント、サンキュ。
こういうゲームをやると、コミュニケーションの難しさを実感するよね。1年後にはそういうストレスが減っていることを期待しているんだけど・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/29-09018898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。