2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンブリッジ生活 (8/9-8/14)

 インターネットが使えなかった期間のことを自分の備忘録として書いておこうと思います。


8/9


 ロンドン・ヒースローからNational Expressというバスで2時間半かけてケンブリッジに到着。電車で行くという手もあったが、ベビーカーとスーツケース2つと手荷物を抱えながらロンドンの地下鉄の階段を上り下りするのはわずらわしかったので、バスを選択。(大人1人£25)。のどかな田舎道をひたすら走る感じで、フライトの疲れがふき飛んだ。


DSC03461.jpg


ロンドンからケンブリッジへ移動するバスからの光景




DSC03465.jpg


ケンブリッジ到着!のどかな芝生が目の前に広がる




 15時に契約した住居の前で、大学のAccommodation Serviceの担当者と待ち合わせ。一通り部屋の説明を受けて、契約書にサインし、鍵の受け取りとdepositの支払いを行う。部屋はケンブリッジでは珍しく2004年完成という新しい部屋で、窓が大きく、眺めもよく、私も妻もかなり満足。



DSC03472.jpg


これから1年間生活するWest Cambridgeの住居




 その後、Bar Hillというケンブリッジからは少し離れたところにある巨大ディスカウント・ストアのTESCOにまとめ買いに出かける。食料、風呂関係、子供のおもちゃ、ゴミ箱などカート山積み状態。それと、日本人MBAの方から、皿やナイフ・フォーク、鍋など、いろいろと譲っていただいたので、最低限の生活は確保され一安心。さらに同じFlatに住んでいる、その日知り合った中国人の方が親切にも夕飯の差し入れをしてくれ、ケンブリッジでの最初の夕飯はなかなか豪勢でした。ありがたい限りです。


 この日は時差ぼけで9時にダウン。


8/10


 翌朝、5時に目が覚める。窓から3頭の馬が草を食べている光景が見え、大満足。東京では考えられない。そして、初めてバスに乗って、city center(ケンブリッジの中心街)に行ってみる。city centreまでは歩くと30分~40分かかるが、バスや自転車を利用すれば問題はない。
city centreでは携帯を購入。携帯やネットがないと落ち着かないというのも考えものだが、公衆電話でいちいち電話する煩わしさから早く開放されたいという思いのほうが強かった。が、SIMカードという個人認証用のカード(自分で携帯にはめ込む)の不具合で結局この日は携帯使えず、へこむ。また、ntlにネット、電話、TVの3点サービスを申し込むも、こちらも16日まで使えず。よって、通信手段は依然なし。


8/11


 現MBAで、今度からご近所になったy-46さんのお宅にお邪魔し、今後のことをいろいろと伺う。ご近所に日本人MBAの方が数人住んでいらっしゃるのはとても心強い。妻も熱心に生活のことを聞いていました。その後、Judge Business Schoolに顔を出し、そこで別の日本人MBAの方から自転車を購入。この方は、無事にMBAを終えて、翌日、ケンブリッジを去ることになっており、仲間との別れを惜しむ場面に私も立ち合わせていただきましたが、ケンブリッジは出会いと別れの多い街であることをしみじみと実感。ちなみに携帯の不具合が解消し、念願の通信手段を確保。



DSC03511.jpg


Trunpington streetにあるJudge Business Schoolの建物



 


8/12


 Judgeでメールチェック、ブログ更新を行う。
 city centreにある Sainsburyというスーパーで食料買い出し。いまだ時差ボケが治らず、超朝型生活続く。


8/13


 これからお世話になるホストロータリアンの方に電話でファーストコンタクト。後日、会うことに。
ケンブリッジ日本人会のメーリングリストで知り合った台湾人の方から£550で車(Golf)購入決定。引渡しは21日。手書きの契約書2通にサイン。


8/14


 翌日から始まる語学スクールのWelcome Partyに参加。場所は、自分の所属することになるSt. Edmund's college。初めてこのcollegeを訪れたが、小さくて、古くて、あまり目立たず、他のcollegeと比較するとやや見劣りする、というのが第一印象。それにしても、語学クラスは中国人を中心にアジア系多数。このコースは、ケンブリッジのいろいろな学部に入学する留学生から構成されるので、マスター(Mphil)もいればPhDもおり、専攻も様々。全部で60~70人ぐらい。その中で、これから1年苦楽をともにするであろうMBAの仲間を数人発見。国籍は、日本、中国、台湾、グルジア、など。やっぱり同じMBAとあって、会話が盛り上がりました。




 

スポンサーサイト

コメント

まずは。

無事到着してよかった。新しい生活を始める様子がが伝わってくるよ。自転車や車も手に入ったみたいだしよかったね。同じ境遇の人がいると何かと心強いね。またのレポート楽しみにしてます。

余談:私も6月にGolfを買いました(;^_^A

今日Golf初めて運転したよ。こっちは信号が少ないから快適だけど、標識も少ないので、道を間違えまくりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/27-cccb0fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。