2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VISAとの格闘に終止符

 以前、6ヶ月のVISAしか取得できなかったので、1年のVISAを取得するために再申請が必要だと書いたのですが、実は必要でないことが判明しました。先日、college決定後、conditionなしのFinal offer letterを速やかに受領したので、これをもってイギリス大使館に再度出向こうと思い、申請書類を再度記載していたところ、よーーーく見ると、有効期限が "31/1/08" となっているではないですか!そのときのアタマの中を再現すると、


「あれっ、今年は2006年だよな。」


「ということは、来年は2007年」


「1月31日までということは、8月に渡英するから半年だよな」


「あれ、待てよ、2008年の1月31日って書いてあるけど」


「え、半年じゃなくて、1年半じゃん!」 


というわけで、1年半のVISAが出ていたのです・・・・。自分の馬鹿さ加減に、MBAでやっていく自信を失いかけてます・・・。


 しかし、VISA申請のとき、窓口の新人らしきアジア系の女性が、訛りのある日本語で、「conditionがついてるから半年分のVISAしか出せない」と確かに言ったのです。それを鵜呑みにしていたので、VISAが発給されたときに期間をあまり注意深く見てませんでした、私には、ただ、「1/31まで」というところしか見えておらず、「あーあ、やっぱり半年分しか出てないんだ」と思っていたのです。


 だんだん言い訳がましくなってきましたが、結果はVISAが雄弁に物語っています。つまり、再申請は不要、追加費用も不要、大使館のごく一部の人間の官僚的、高圧的態度にムカつくことも不要、になったわけです。メデタシ。


 プロセスはどうあれ、結論として、condition付きのoffet letterであっても、一年半のVISAが取得できたということになります。これが万人にあてはまることなのかはよくわかりません。(大使館のミスかもしれませんが、そんなことは知ったこっちゃないですね、この際。そんな重要なミスをするとも思えませんが・・・。)


 出発を一週間後に控えているとは思えないほど、波乱万丈ですが、めげずにがんばろうと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/20-13067e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。