2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Final visit to Cambridge

 イギリス出国を目前に控えた最後の週末、最後にもう一回Cambridgeを訪れました。早朝にバスでビクトリアを出発し、10時頃にはCambridgeに到着。早速、シティ・センターでお土産屋めぐりをしました。ケンブリッジのロゴ入りトレーナー、自分のカレッジの名前の入ったカフス・ボタン、テーブル・クロス、マグカップ等。中でも、一番のヒットは、娘に買ったTシャツ(↓)です。


DSC08684.jpg


 小さくて見えないと思いますが、胸のところに、"When I grow up, I want to go to Cambridge"と書いてあります。そんな日が来たら、親としては最高に嬉しいでしょうね。(その日に備えて、お父さんは一生懸命働いてお金を貯めないといけませんが・・・。)


 シティ・センターを歩いていると、以前は何人もの友人に出くわしたものですが、この日はほとんど誰にも会いませんでした。(近所で仲良くしてもらった中国人のWさんぐらい)ここで知り合った多くの友人は皆、それぞれ、次の目標に向かって、既にこの地を去ってしまったのだなぁ、と実感し、寂しい思いがしました。


 それでも、語学学校時代から交流を続けさせてもらっているMさんご一家、そして、現在ケンブリッジ在住で、本当に私たち子連れ夫婦をよく助けてくれた妻の妹と、ユニバーシティ・センターでお茶を飲むことができ、ケンブリッジの最後のひとときを楽しく過ごさせてもらいました。みなさん、ありがとうございました。(そして、せっかく誘ってもらったのにご連絡できなかったSさん、すいませんでした。来年5月にぜひ、お会いしましょう!!)


 思い出が詰まりすぎたケンブリッジなので、最後に何をしていいやらわからず、ひとまず基本に帰って、King's College前で最後の記念撮影。 


 


DSC08637.jpg


 そして、あたりも暗くなり、いよいよケンブリッジとのお別れが近づいた頃、最後にJudge Business Schoolへ。


 DSC08680.jpg


 私たちが記念撮影をしていると、今年のMBAの学生と思われる人たちに数人出会いました。おそらくスタディ・グループの打ち合わせか何かでしょうか。1年制プログラムなので、次の年の人たちと知り合う機会は(日本人の方々を除いて)あまりないため、話をすることもなく去ってしまいましたが、1年前のこの時期の自分をしみじみと思い出しました。あのときは、本当にやっていけるのだろうか?という不安でいっぱいでした。


 Judge Business Schoolは雑誌Economistの2007年World ランキングでついにTop10入りを果たし、7位にランクインした模様です。これからはAlmuniとして、Cambridge MBAの更なる飛躍に少しでも貢献できればと思います。(うーん、まずはSalary アップで貢献しないといけませんね・・・)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/171-2e4f6d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。