2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Champions Leagueデビュー!

DSC08036.jpg


 Champions Leagueのグループステージ開幕戦、我らがChelsea v.s.Rosenborg(ノルウェー)@Stamford Bridgeを観戦してきました。仕事帰りに行ったので、不覚にもカメラを忘れてしまいましたが、今回の席はゴール斜め後ろ、前から3列目というピッチに限りなく近い席で、迫力満点でした。なんといっても、シェフチェンコを5メートルぐらいの至近距離で見れたときは、鳥肌ものでした。


 仕事を6時に切り上げて、会社の先輩と、同僚のイギリス人とPubで一杯ひっかけて、景気良くスタジアムに入りました。今回はホームゲームなので、満員かと思いきや、観客数は、2万5千人ぐらい(キャパは4万人)。後方には空席も目立ちました。というのも、相手が弱小だし、Chelseaは現在、ケガ人多数だからでしょうか?ドログバ、バラック、ランパードらスタープレイヤーが欠場で、Chelseaとしては苦しいメンバー構成。その分、ケガから復帰したシェフチェンコに俄然、期待が寄せられていました。


 試合が始まると予想通り、Chelseaが押し気味に試合を進めるも、パスがいまいちかみ合わず、ゴールをなかなか割ることができません。そんな中、カウンターからまさかの失点。会場は静寂に包まれてしまいました。Chelseaサポーター的には4-0ぐらいの結果を期待していたのに、まさかの先制点。今年はChampions Leagueの決勝が、Chelseaのオーナーであるロシア人、アブラモビッチ氏の故郷モスクワで行われることもあって、Chelseaとしてはかなり気合の入ったシーズンのはずなのに、この有様は、かなりがっかりでした。後半にシェフチェンコが同点弾を決めたものの、結局、試合はまさかのドロー(1-1)。かなり先行き暗雲の立ち込める結果になってしまいました。


 おまけに中村俊輔のCelticも0-2の敗戦、というニュースをスタジアムで目にし、泣きっ面に蜂状態でしたが、ひとまず、間近でChampions Leagueを観戦できたことはいい思い出になりました。


 今日は、ピッチとほぼ同じ高さ、選手の目線で試合を見れたため、Judge Business Schoolサッカーチームで皆で必死にボールを追いかけたことを懐かしく思い出してしまいました。ついこの間のことなのに、何か遠い昔のことのように思えてしまいました。もうあの時間は二度と帰って来ないんだなぁ、と思うと寂しいですね。


 ロンドン生活もあと残り1ヶ月です。多くのMBAの友人は既に帰国してしまい、だんだん寂しくなってきましたが、あと1ヶ月、ロンドン生活を悔いなく楽しみたいと思います。

DSC08036.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/169-098a4ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。