2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Malta旅行

DSC06604.jpg


 地中海に浮かぶ人口30万人の小さな島国、マルタに5日間(7/18-7/22)ほど旅行してきました。久々のビーチと数々の世界遺産を堪能する旅になりました。気温は35度から40度ぐらいとかなり高かったですが、湿気は少なく、日陰に入ると非常に涼しい感じでした。宿泊したホテルは、直前予約だったので、とても安い割にかなりいい部屋でした。ただし、寝室の空調が壊れていたため、熱帯夜に非常に苦しめられました。(とくに娘にはかわいそうでした)


 到着した日は夜10時すぎだったので、軽くディナーを取ってすぐに就寝。翌日は、最近の慌しい生活の疲れを取るべく、ホテル内のプールで家族とのんびりすごしました。泊まったホテルは、島の西端に位置し、もうひとつの島、ゴゾ島にとても近かったので、3日目はフェリーでこのゴゾ島観光にでかけました。ここの見所は、アズール・ウィンドウという波の浸食でできた、青い海に浮かぶ下記写真の自然岩と、世界遺産に指定されているジュガンティーヤ神殿でしょうか。このゴゾ島には、2万5千人の人が住んでいて、マルタ島本当にフェリーで通勤する人も結構多いようです。ここでは、タクシーを半日借り切って、主要なスポットを効率的に回ってもらいました。(値段は要交渉)


DSC06729.jpg


ゴゾ島の最大?の見所、”アズール・ウィンドウ”。神秘的でした。


DSC06667.jpg


高台からのゴゾ島の眺め。石灰岩でできた建物が立ち並びます。


DSC06666.jpg


石灰岩の建物の影に入ると意外に涼しい。


DSC06678.jpg


ゴゾ島のフィッシュ・マーケットで、海を見ながらランチ。魚を自分で選んで焼いてもらうスタイルでした。


 4日目は前日のゴゾ島観光の疲れと、冷房の故障による熱帯夜の寝つきの悪さで疲労がたまっていたので、ホテルから近くのマルタ唯一の砂浜ビーチに行って、一日ゆっくり海水浴を楽しみました。娘もこの日は終始ご機嫌で、すっかり海水浴の楽しさを覚えたようです。唯一の砂浜ビーチということで、湘南ばりに人が多かったのですが、それでも透き通るような水に心が癒されました。


DSC06785.jpg


 最終日の5日目はマルタの首都で、街全体が世界遺産に指定されているバレッタと、二つの世界遺産・神殿(ハガール・イム神殿、ムナイドラ神殿)、そしてBlue Grottoという、エメラルドブルーの海に囲まれた青の洞門に小舟に乗って行ってきました。この日、気温は40度に達したため、やはりタクシーを半日ハイヤーして、各スポットを効率的に回りました。



DSC06853.jpg


世界遺産の首都バレッタの目抜き通り(Republic Street)



DSC06918.jpg
マルタのヴィーナスが発掘されたという世界遺産・ハガール・イム神殿


DSC06954.jpg
地中海を望む世界遺産・ムナイドラ神殿(この2つの神殿は徒歩圏内にありました)



DSC07012.jpg


DSC06991.jpg
青の洞門、Blue Grotto。恐ろしいぐらい水がきれいでした。


 マルタは来年からユーロが導入され(今はマルタ・リラという独自通貨)、本格的にEUに組み込まれていくわけですが、経済発展はほどほどにして、この美しい自然をしっかり残してほしいものです。今回はビーチでリラックス&ちょっと世界遺産観光、というコンセプトでしたが、なかなか盛りだくさんで充実した5日間でした。

スポンサーサイト

コメント

おお、また話聞かせてくらさい。
こっちは朝晩4-5度、山の上はマイナス1度くらいですわ>ツェルマット
でも昼間は山なので日差しもきつくて半そでです。
40度は暑いというか熱いと思う・・・

Shigeさん
マイナス1度ですか。マルタ帰りの私には想像がつきません(笑)。でもきっとアルプスの風景はきれいなんでしょうね。来月、マルタですよね?きっと暑い or 熱いと思いますが、本当にいいところですよ、マルタ。ウサギのペンネとか、割とうまかったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/163-1b0a0242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

048人(2000年現在)。ここを統治していた聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)の時代からの建物が数多く残る。第二次世界大戦のドイツ・イタリア軍による空襲で、大きな被害を受けた。.wikilis{font-size:10px;color:#6

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。