2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

College決定、しかし・・・

StEdmundsCrest.gif



 実は、ブログには書いてなかったのですが、重大なミスをしておりました。かなり恥ずかしい話ですが記載します。以前、UK VISAを取得したと書きましたが、実はこれ、6ヶ月限定で、向こうで更新しないといけないものでした。なぜなら、私のoffer letterにconditionが4つついていたからです。それは、depositの支払いと財政証明、受け入れ先collegeの決定、そしてEnglish language schoolへの参加の4つです。私は完全に勘違いしており、English language schoolへの参加を命じられている以上は、6ヶ月VISAをまず取って、終了のcertificationをもらったら、現地で更新するしかない、と思っておりました。ブリティッシュ・カウンシルにも電話で問い合わせたのですが、近年VISAの要件は厳しくなっているからこればかりはやむを得ない、と言われました。しかし、どうやら、Collegeが決まって、depositと財政証明の要件をクリアしていれば、English Language Schoolのconditionのついてない正式なoffer letterをもらえるようで、これをもっていけば問題なく1年のstudent VISAが取れるのですね。いやぁ、浅はかでした・・・・。


 というわけで、今日、やっと私はCollegeの決定通知をもらったのですが、JBSに確認したところ、今日中にFedexでconditionなしの正式なoffer letterを送ってくれるとのことでした。これを持ってまたイギリス大使館に行くことになるわけです(3度目・・・・泣)。しかし、その際、料金をまた取られるのではと気になっております。ちなみにイギリスで更新すると日本の発行料より高いので、たとえまた同じ金額を払わされても、イギリスで更新するよりは安くつくはずなのです。したがって、なんとか日本で "1年の" UK VISAを取得する必要があります。(情けない話ですが、授業料と思うしかないですね。先が思いやられます・・・・・。)


 ところで、collegeはSt.Edmund's Collegeというところに決定しました!!1896年創立の100年以上の歴史のあるcollegeのようです。(ただCambridgeの800年の歴史に比べれば、たかが知れてますが)                        


 Cambridgeのcollege制度については、Wikipedia等をご参照ください。ケンブリッジ大学は、単一の大学ではなく、31のカレッジの集合体で、みなどこかのカレッジに所属しないとなりません。ただ、特にMBAの場合は、カレッジの人間関係よりもJudge Business Schoolのつながりのほうが圧倒的に強いみたいです。


 ちなみに今日は現MBAのy-46さんのおかげで、住居探しもおおいに進展し、だんだん準備が整ってきました。それについては改めて書きます。


※冒頭のエンブレムは、St.Edmund's Collegeのものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/16-5c2531bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。