2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両親ケンブリッジへ

 日本から私の両親がケンブリッジを訪れてきました。約9ヶ月ぶりの再会です。両親の宿泊場所はロンドンでしたが、英国到着翌日に、まずはケンブリッジを訪問し、一緒にケンブリッジ観光をしました。ケンブリッジの滞在は1日(日帰り)だったので、事前にコースを考えておきました。朝10時にケンブリッジ駅に車で迎えに行き、以下のようなコースを辿りました。


37Hughes Hall                                                  ここは、うちの母親の母校とつながりのあるカレッジとのことで、まず最初に行ってみました。MBAの同級生がたくさんいるカレッジです。




DSC07464.jpg                                   週末で閉まっていましたが、親切な管理人の方が中を案内してくれました。屋上のテラス席からは、クリケットのグラウンドが見渡せました。


30                                                         37King's College




DSC07490.jpg   DSC07491.jpg        King's Chapelの中は、きらきらと光が差し込むステンドグラス、何度見ても素晴らしいです                                               


30                                                         37Trinity College                                          DSC06487.jpg DSC06485.jpg
Newton像などを見学          敷地内は広々として贅沢な作り(さすが金持ちカレッジ)


30                                    
37St.John's College                                        Cam川をまたがって敷地が広がるこのカレッジは、建物内に、ベニスを真似たと言われるThe Bridge of Sighs(嘆きの橋/ためいき橋)が架かっています。




DSC07002.jpg  DSC06991.jpg
左:奥に見える橋が、The Bridge of Sighs       右:橋の中の様子
                                      


30                                                        37Round Church                                           円形の形をした珍しい教会。イエス・キリストの復活を祝うための建物だそうです。日本語のパンフレットもありました。




20070508194644.jpg DSC07508.jpg 

30                                                        Lunch Time                                                   Eagleへ。めちゃめちゃ混んでいましたがなんとか席を確保。


30                                                   37Fitzwilliam's Museum


30                                                     37Judge Business School                                            


30                                                         37Grantchesterでアフタヌーンティー




DSC07532.jpg DSC07533.jpg
週末なので、家族連れで大変混み合っていました


30                                                        37St.Edmund's College                                        自分のカレッジなので、一応案内(外観のみ見学)。


30                                                          112へ                                                         
休憩


30                                                           両親と共に、Londonへ                                                                                                                                                                                                                                                                                                      


翌日からの2日間、一緒に英国観光をすることになっていた為、一緒にヒルトン・ロンドン・パディントンに宿泊。


こうして案内してみると、ケンブリッジは本当にこじんまりした街だということが実感できます。この日は寒かったので、パンティングはしませんでした。(時間的にも無理でした)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/142-25ebd32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。