2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scotland旅行 (1日目)

 今週水曜日から金曜日にかけて(4/18-4/20)、今月2回目の旅行に行って来ました。場所は、Scotlandです。Ryan AirでStansted空港からGlasgowまで飛び(1時間10分)、そこから電車で首都Edinburghに行き(1時間弱)、そこで1泊。翌日の夕方に電車でGlasgowに戻り1泊して、その翌日、Glasgowの街を観光して、夜にケンブリッジに戻ってくるというプランでした。Ryan AirはEdinburghへの便がないので、このようなプランになりました。前回同様、Ryan Airの安いチケットを探した結果、Irelandと迷ったものの、なんとなくScotlandに決めた次第です。飛行機料金は今回、大人片道5.9GBPでした。しかし、子供が既に2歳になってしまったので、大人と同じ料金がかかるし、税金、燃料費等のチャージを入れると、いくら飛行機料金自体が安くても、そこそこお金がかかってしまいます。(その上、Ryan Airは荷物に別途チャージしたり、保険に入るように強く薦めてきたりするので、油断しているとあっという間にかなりの金額になってしまいます)


 4/18(水)


 朝8時40分のフライトでGlasgowへ。一応基本に忠実に2時間前に空港に到着したものの、平日で、国内旅行ということで、めちゃめちゃ空いていたので、ものの30分で搭乗手続き等は全て終わり、かなり時間を持て余してしまいました。Stansted空港はかなり閑散としていました。Glasgowまでは約1時間10分という短いフライトだったので、ゆっくり寝る暇もなくあっという間に到着してしまいました。


DSC07110.jpg


空港にはこんなメッセージが。独立心の表れ??


 Glasgowに到着すると早速電車で、市内の中心のCentral Stationへ移動(約45分)。そこから徒歩でQueen's Street駅に移動し、Edinburgh行きの電車に乗りました。そして、1時間弱でEdinburghへ到着。気候はケンブリッジとさほど変わらないと思いきや、風が強く冷たくて、やたらと寒いので焦りました。


DSC07124.jpg


Edinburghの情緒たっぷりの街並み。さすが世界遺産の街!


DSC07126.jpg


 今回はホテルが市内からやや離れたところだったので、直接ホテルには行かず、駅で荷物を預けて市内観光へ。まずは、Royal MuseumとThe Museum of Scotlandへ。両者は隣り合わせになっており、中でつながっていました。前者は比較的最近のもの(20世紀に入ってからのもの)を展示しているのに対し、後者はその名の通り、Scotlandの歴史的な品を事細かに展示していました。国をしっかりとアピールしようというとても真摯な姿勢が感じられました。


DSC07146.jpg


The Museum of Scotlandの概観


DSC07133.jpg


The Museum of Scotlandにはこの手のものがたくさん展示されていました。


 次に向かったのはエジンバラ城。しかし、寒くて、歩きつかれていた上に、娘もなかなか昼寝してくれなかったので、中には入らず、この日は外観を眺めただけでした。(翌日、もう一度戻って来て中に入ったので、2日目のところで記載します)


DSC07162.jpg
エジンバラ城。一部工事中のところがありましたが・・・。


 エジンバラ城の近くにScotch Whiskyの店があったので、入ってみることにしました。あまりの種類の多さに圧倒されましたが、お土産にボトルを1本購入。店の横にはウィスキー・ツアーなるものが催されていましたが、高かったので断念。その後、市内の歴史的な場所を幾つか見て回りましたが、寒かったので早めに夕食をとることに。


DSC07168.jpgDSC07167.jpg


 ガイドブックに載っていたシーフード料理の店に入ることにしました。ここで、スコットランド名物らしい、蒸した貝の鍋料理?(Kilo Pots of Musselsというらしい)を注文。これは想像してたよりもとてもシンプルな料理で、蒸した貝に特製ソース(white wine、garlic、cream等)がかかっているだけでしたが、味はなかなかでした。



DSC07196.jpg Kilo Pots of Mussels


 スコットランドはこの時期だと9時ごろまで明るいので、食事後もまだまだ明るかったのですが、疲れたので、早めにホテルにチェックインし、翌日に備えることにしました。(2日目に続く)

スポンサーサイト

コメント

おお、同じウイスキー屋さん入ったわ^^;7年近く前ですが。
狂牛病がブームになる前だったんでハギス(牛の内臓の料理)をバクバク食べてましたが今のところ大丈夫みたいです。。。

ハギス食べなかったんですよ。初日はシーフード、2日目はChinese、3日目はJapanese。Teri-Akiよりはマシでした。最近Asia foodが特に恋しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/137-fe8dd4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。