2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Strategyの授業は面白い!

 昨日、Case Studyについていろいろと考えましたが、今日はStrategyの授業で、後半1時間半を使って、MATRAというフランスの自動車会社のケースをやりました。キーとなるフレームワークはCost advantageとproduct differenciationです。今日の授業の前に、ケースはもとより、その他、pre readingに指定されているもの、テキストの該当箇所を全て読んでから授業に臨みました。その結果、フレームワークを常に意識して授業を聞くことができたので、自分の頭の中で先生の言っていることをマッピングすることができ、頭にしっかり定着したように思います。その上で、ケースの議論を行ったので、今日の学習効果はかなり高いと思われます。


 それにしても、このStrategyの授業は本当にいい授業です。昨日、Corporate Financeがこれまでの授業で一番いいと書きましたが、このStrategyもそれに匹敵するくらいいいです。特に先生の授業の進め方、議論を活性化させる問題提起、フレームワークをケースへあてはめる際の説明等、かなり満足度は高いです。そして何よりもPowerfulなので、聞いていて面白いです。


 話はややそれますが、日本で事業戦略の仕事をしていたときに、経営戦略に関する本は結構読んだのですが、Boston Consulting Groupが開発した、経験曲線(Experience Curve)に遭遇したときに、その本であまりにも簡単にカーブが描かれており、「生産量が増えれば増えるほど、コストは下がる」と簡単に説明がなされているのを見て、”経営戦略”の理論というのは何か底が浅いもののように感じてしまいました。それがきっかけで、この”経営戦略”の背景にある、経済の原則(たとえば、価格競争がなぜ起きるのか等)をもっと知りたいと思ったことが、東大で経済を学ぶことにしたひとつの理由でもあります。(それと引き換えに2年制MBAは断念。)


 というわけで、このStrategy(経営戦略)の授業には多いに関心があるので、これから指定されたものはすべて読んで授業に臨み、最大限の効果を得たいと思います。(と自分にプレッシャーをかけてみようと・・・)


 MBAは科目が多いので、全部に全力投球することは個人的には不可能ですし、また、もともとそのつもりもありません。その代わり、自分がFocusしたいと思ったものは悔いのないようにとことこんやりたいと思います。そのひとつがCorporate Financeであり、Strategyであります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cambridgelife.blog72.fc2.com/tb.php/102-4bab2303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。