2007-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Victory

 今週末(金、日)は2連戦でサッカーの試合(カップ戦)がありました。結果、


 2/23(金) MBA 0 - 4 Hellenic (ケンブリッジ大学のギリシャ人チーム)


  2/25(日)MBA 4 - 1 CCFC (ケンブリッジ大学の中国人チーム)


今年のMBAチームとしては3勝目(うち1勝は不戦勝)です!!そして、個人的には初勝利の試合に参加できなかったので、実質、初めて味わう勝利!ぶっちゃけ、CVPのプレゼンが終わったときよりも感慨深いものが・・・。高校時代の部活(ラグビー)の感動を久々に思い出したような瞬間でした。


今日は連戦ということで、集まりが悪く、試合開始当初(前半20分ぐらいまで)、10人での戦いを強いられました。個人的には、金曜日の試合で、左足の関節を痛めていたので、今日はフル出場は避けたかったのですが、そうも言っていられない状況でした。また、この中国人チームは上背はさほどないけども、よく走るチームで、前期のリーグ戦では1 - 2で敗れているので、今日はなんとか一矢報いたいところでした。試合が始まってみると、金曜日に試合をこなしていたせいか(金曜の試合は2週間ぶりの試合で、皆、今期の課題に忙殺され運動不足だったため、最悪でした)、皆、割と動きがよく、自分も怪我はあまり気にならず、何度かドリブルで切り込んでいくシーンを作ることができました。そして、前半はなんと2 - 0のリードで折り返すことに。今日は強力なイタリア人助っ人もいたので、彼が素晴らしい先制点を取ってくれました。そして、2点目は仲のいい中国人同級生Dの待望の初得点。(先を越されてしまいました)


後半に入っても試合のペースはMBAチームが握っていました。これまでの半年間、フィジカルの強いチームとたくさん試合をしてきたので、中国人のフィジカルに対応するのは正直、楽でした。後半は1点返されたものの、負ける気はせず、その後逆に2点追加して試合終了(自分は1アシスト)。もう少し体力があれば、自分の定位置(左MF)からもっともっと仕掛けて、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドのようなドリブルで得点を取りたかったのですが、悲しい妄想で終わりました(笑)。一人二人交わしたとしてもシュートまで持っていく体力がない!!これは年のせいというよりも単純にトレーニング不足のように思います(と思いたい。カズよりも8歳も若いわけだし!!)。



今日は、11人中、日本人4人がフル出場で、皆、かなりいい働きをしたと思います。Sさん、Kさん、Fさん、お疲れ様でした。やりましたね!試合の後は皆で勝利の喜びを分かち合いました。今日のメンバー構成は、日本人4人、ドイツ人2人、中国人、インド人、シンガポール人、アメリカ人、イタリア人、スペイン人、ベラルーシ人各1人という具合でしたが、これだけdiversityのあるメンバーで(いつもはもっとある)サッカーができることなんて、この1年以外一生ないかもしれないので、存分に楽しみたいと思います。


今年の個人目標で、「サッカーであと3勝」というのを入れたので、あと2勝は少なくともしたいところです。今後の試合予定としては、来週、カップ戦の1次リーグ最終戦があり、その後、トーナメント戦、そして、4月にOxford MBAとの定期戦、5月にヨーロッパMBA10数校によるMBAオリンピック(MBAT)がパリであります。(これには家族連れで参加予定)そして、Almuni(卒業生)チームとの試合もあるようです。というわけで、まだまだたくさん試合は残っているので、目標達成とゴールを決めることを目指してがんばりたいです。

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。