2006-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rugbyの聖地へ

 土曜日に、語学学校で一緒だった日本人のMさんとRugbyの聖地、Twickenhamに、England vs. Argentinaのtest matchを観に行ってきました。このTwickenhamは第1回Rugby W杯の開催地でもあり、当時、高校生ラガーマンだった私には特に思い出深いstadiumです。London郊外にあるこのStadiumまではCambridgeからだと、2時間近くかかりましたが、一緒に行ったMさんがルートをすべて調べてくれており、Londonの中華街で昼飯を食べてから観戦に向かうという理想的なPlanでした。(Mさん、ほんとにありがとうございました)


 最寄駅からは、下記の写真のような専用バスも出ており、胸にバラのマークを付けたEnglandのユニフォームを着たsupporterが続々と集まってきました。


DSC04019.jpg


 


 DSC04020.jpg


 


 Stadiumの前に着くとさらに大勢の人で溢れ返っていました。この日の観客数は74,000人。TwickenhamのCapacityが80,000人なので、ほぼ満員です。日本では、サッカー、野球に押されて、Rugby人気には陰りが見えますが、ここ母国では全く違います。老若男女、様々なファンがstadiumに駆けつけており、小さな子供たちもたくさん見受けました。改めて、ファン層の違いを思い知りました。試合前には、荘厳な国歌斉唱のセレモニーもあり、この日はEngland サポーターに徹しました。


 そして、肝心の試合結果ですが、なんと、18-25でArgentinaに敗れてしまいました。Argentinaはサッカーほど、強くないのですが、彼らはPhsicalも強く、kickを効果的に使って、うまいgame運びをしておりました。Try数はEnglandのほうが多く、奪ったTryはいづれもBack Threeの個人技によるもので、最高のTryだったのですが、もうひとつ、運がなかったですね。残念です。来年はW杯もあるので、ぜひ、Englandにはがんばってもらいたい。(日本は厳しいだろうなぁ・・・)




DSC04031.jpg


 DSC04035.jpg


 

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。