2006-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sad News from Japan

 それは突然の悲しい知らせでした。日本時間の10/29 午後9時、長年一緒に過ごしてきた愛犬のSuiがこの世を去りました。私の実家のある市では、愛犬が15才になると市長から表彰されるのですが、あと1ヶ月少々で15才を迎えるというところで、息を引き取ったのです。UKに来る前に、「これが最後の別れになるかもしれない」とある程度覚悟はしてきたものの、いざ現実を突きつけられると、悲しみをこらえきれませんでした。




DSC03433.jpg




 思い返せば、Suiとは私が高校生のときからの付き合いでした。我が家に来たばかりのころは、生後1ヶ月で手のひらに乗る大きさで、毎日、Suiに早く会いたくて、早く家に帰ったものです。月日の経つのは本当に早いですね。せめてもの救いが、息を引き取るとき、私以外の家族みんなに見守られ、安らかにあの世へ旅立ったことです。遠くCambridgeから我が愛犬Suiの冥福を祈りたいと思います。Sui、ありがとう!

全文を表示 »

スポンサーサイト

Football Match with Chinese Team

 日曜日(10/29)、最高の天気のもと、我がMBA Football TeamはCambridge Chinese Football Club (CCFC)とleague戦を戦いました。ここまで我がチームの戦績は1分1敗。なんとかここで勝利を掴みとりたいとの思いで臨んだ試合でしたが、結果は2-1の惜敗・・・・。前半は1-1で折り返したものの、後半、地力の差(若さ?)を見せつけられ、もう少しでdrawに持ち込めたところだったのですが、失点してしまい、time up。2敗目を喫してしまいました。私は、この日、Left Midfilderで先発したのものの、Performanceは満足できるlevelからは程遠いものでした。相変わらず走れない、という深刻な問題を抱えています。次週はKorean Teamとの対戦。日本人として、Koreanには負けられません。

Japanese Friends from London


DSC03922.jpg



 土曜日に、London赴任中の同じ会社の友達夫妻がCambridgeを訪れてきました。ついこの間までお互い日本にいたのに、Cambridgeで再開するのはなんとも不思議な気分でしたが、久しぶりの再開に大いに盛り上がりました。おまけに、この日(10/29 2:00 am)はWinter timeの開始日で時計を1時間戻すため、いつもの週末よりもさらにrelaxすることができました。Cambridge郊外のcotonという村のrestaurantでlunchをした後、City Centreに繰り出し、Kings College、Cam River、そして我がJudge Business Schoolを見学し、週末のCambridgeの雰囲気を楽しみました。また、この日は久々に我社のbusinessについて語り合い、愛社精神を思い出すことができました。うーん、それにしても、我社の将来が気懸かりです・・・・。

Presentation Skill Session

 昨日は日曜日でしたが、朝8時半から夜7時近くまで一日がかりでPresentation Skill Sessionがありました。1 group 6-7人の少人数制で、一日みっちりとPresenの基礎を叩き込まれた感じです。まず、朝は事前に各自が考えてきたTopicで4-5分のpresenを行いました。そしてこれがVideoに収録され、全員が終わってからみんなの前でそのVideoを見て、講師の方や他の生徒からFeedbackをもらいます。Topicは仕事に関連するものがよいと事前に言われていたので、私は自分の会社のことを話そうと準備しておりました。私の順番は2番目だったのですが、トップバッターのAmericanのAのpresenは、なんとtrumpを使ったmagic!で、かなり面食らってしまいました。そのため(だけではないが)、自分のpresenはかなり最悪なものになりました。Videoで見直すとBody Languageは皆無、eye contactもかなり不十分、英語はもちろんイマイチと、いいところなく1回目は終了。しかし、1回目が悪かったので、後は悪くなりようがなく、2回目、3回目はなかなかうまく行きました。2回目は、家を売るSalesmanになり、Flip Chartを使って家の説明をする、という設定でしたが、ここではそこそこ受けも取り、うまく行きました。3回目は、Judgeの現在のprogramの改善点を提案する、という設定でした。Flip Chartを多用している人が多かったのですが、私は重要なpointだけにとどめました。この3回目はさすがに一日、他の生徒のうまいpresenを見て洗脳されたので、かなりbody languageとeye contactを多用し、いいFeedbackをもらうことができました。


 このlectureでは、presenをlogicalに構成するためのwork sheetをもらったり、効果的なFlip Char、Power Pointtの使い方を習ったり、Eye contactのとり方、緊急事態への備え方、Back up planの準備など、有益なことをたくさん学びました。しかし、1日に3回もpresenし、3回も自分の姿をVideoで見る経験は初めてで、さすがに疲れました。それに加えて、lectureは超interactiveでみんな発言しまくりなので、それについていくことが一苦労でした。(というか、あまりついていけなかったです。)


 このpresenで、欧米人との違いを改めて認識させられたように思います。彼らはやはり狩猟民族ですね。人前で話すことにとても貪欲で、とにかく気迫の違いというか、energyの違いを感じました。世界第二位の経済大国である日本人として、気後れしている場合ではないとは思うものの、大きな違いを感じた一日でした。

Qeens' College Formal Hall

DSC03849.jpg


 金曜日に日本人MBAのSさんのご招待で、500年以上の歴史のある有名なQueens' CollegeのFormal Hallに参加してきました。普段のFormall Hall と違って(Sさんから聞いた話ですが)Guest Nightということで、写真のとおり、とても豪華なdining hallで行われました。この日に備えて、S さんとcrossroadsのAuthorのKさんといっしょに、蝶ネクタイとそれに合う白いシャツを買い揃え、gownも着用し、完全にFormal Styleで臨みました。日本では、ちょっと恥ずかしくて着れないですね、これは。そして、食事ですが、以前に参加したSt Edmund'sの食事とは大違いで、Queens'の食事は最高でした。(特にmushroom soup) Wineは各自持ち込みということだったのですが、それを知らなかったために、Sさんにすっかりお世話になってしまいました。(すいません、Sさん。)こんな経験はCambridgeでないとできないので、つくづくここに来てよかったと思えた一日でした。今後ももっとCambridgeの伝統に触れる経験をしたいものです。Formal Hallのあとはそのままの格好で、MBA Pub Nightになだれ込みました。この日は午前中にManagement Analysisの初Testがあったので、それを終えた開放感を皆で分かち合いました。



DSC03850.jpg


突然のChance

 今日から新しい科目が2つ始まりました。MarketingとOrganizational Behaviorです。Marketingでは、Kotlerの定番が教科書に指定されております。午前中のMarketingは、introductionとMarketingとは何か?みたいな話が中心でしたが、企業の事例がたくさん出てきました。中でも、我社の事例があまりにもたくさん出てくるので、ここはひとつ発言せねばと身構えていたのですが、敢え無く発言できず・・・。特に、Blue Ray DiscとHD DVDのFormat戦争の話になったときには、「ここで発言しなかったらいつ発言するんだ」というぐらい絶好のchanceだったので、なんとか頭の中で、発言内容を英語で組み立てていたのですが、他の生徒の発言が終わるのを待っていたら、無常にも次のtopicに移ってしまいました。本来こういう場合、他の生徒の発言中に挙手して待ち構えるべきだったのでしょうが、そこまでの勇気と自信がありませんでした。また、「MicrosoftがX-BOXでGame業界に進出してきたが、Sonyに対抗できるか?」という、これまた絶好の質問があったのですが、これも空振り(ほとんど外野席の野次みたいな感じで終わってしまいました)。そんなこんなで午前中のMarketingではかなりfrustrationが溜まっており,そして、かなり自己嫌悪状態に陥っておりました。


 午後からはOrganizational Behaviorです。これは企業文化や従業員のmotivationなど、business上のsoft skillを扱う科目です。正直、「今日はあとlectureを聞いて終わりだ」と、気楽に構えていたのですが、Chanceは突然訪れました。午後のcoffee break後、簡単なcase studyをStudy Groupのmemberで行うことになりました。caseの概略はこうです。


 ”大幅な人員削減を行った出版社が、残った従業員にそれまでの130%に相当する労働を給料の上乗せなしに強いるにはどうすればよいか?”


 15分ほどの話し合いの後、幾つかのGroupが代表して、皆の前で簡単なpresentationを行うことになりました。私のgroupにはnativeのAmericanもおり、皆、英語に不自由ない人ばかりで、私が断トツに英語が下手くそなのですが、彼らは本当にいい人で、この私にPresentationの役目を与えてくれたのです。正直、自分のcapacityでは無理と感じたのですが、ここで断ったら、日本人としてやばい、という半ば使命感のようなものを感じ、MBAで記念すべき初のPresentationを50人のclassmateの前で行いました。時間にしてわずか3分。内容はともかく、presenをしたことで一歩自分の殻を打ち破れた気がしました。


 今日のような試練はまだまだ序の口なのでしょう。私のMBAでの目標はとにかく、恥をかいて自分を成長させることなので、これからも試練に立ち向かっていきたいと思います。(ちなみに、外人にはこんなの試練でもなんでもないと思いますが・・・)


 

Champions League: Celtics vs. Benfica

 先日、日本人MBAのSさんの家で、中村俊輔のCelticsとBenficaのChampions Leagueの予選gameを観戦しました。試合はご存知のとおり、3-0でCelticsの完勝!外人の中でしっかりと存在感を示していた 俊輔がほんとうに眩しく見えました。一方、自分は・・・、と考えると落ち込みそうです・・・。この日はFootball観戦もさることながら、Sさんの焼肉をすっかり堪能させていただきました。UKで食べているとは思えないほど、柔らかい肉に感激。これも事前に果物の汁に漬けて準備してくださったSさんのおかげです。Sさんありがとうございました!同じWest Cambridgeに住んでいる日本人MBAのMさんと3人ですっかりrelaxすることができました。それにしても、これでCelticsの予選突破が見えてきたので是非がんばってほしいものです。 

Football Match

DSC03834.jpg


 今日は、MBA 2006 Football Teamの初めての試合がありました。相手は同じCambridge大学のGraduate School(大学院)のZoology Department(動物学)。去年、Cambridge大学院のFootball Leagueで最下位を争った因縁のrivalのようです。(ちなみに去年はMBAが最下位、Zoologyが下から二番目だったようです。年齢の差でしょうかね・・・・。)そして、試合結果はとういと、5-0(1st:4-0、2nd:1-0)・・・・。MBA Teamの完敗です・・・・。45分Halfでfull pitchを使ったgameだったので、さすがに年齢層の高いMBA Teamには過酷でした。私も正味60分ぐらいplayしましたが、はっきりいって、Physicalがついていかず、散々でした。相手はよく組織されており、個々の能力も高く、speedyで、まあやむをえない結果というのが正直なところです。これが本場EnglandのFootballか、という感じです(相手のlevelもこっちではそんなに高くないのでしょうが・・・)。


 日本代表のW杯は散々な結果でしたが、代表選手たちの気持ちが少しわかった気がします。それにしても、こっちにはあちこちに芝生のPitchがあり、至る所でFootballやRugyに興じている人々を見かけます。これがこの国のFootballのBottom upになっているんだろうな、と容易に想像できます。日本では、常に擦り傷覚悟でtackleしないといけないけれど、こっちではそんな心配は無用です。


 今日の試合で自分の体力不足をひしひしと感じました。走りこみでもしようかと思い始めたところです。(何しに来ているのかわからなくならない程度に・・・)

Management Analysis Case Study

 DSC03824.jpg


 今日もManagement Analysisの授業が巡って来ました。今日は3回目のCase Study。これまで、Case Studyでteamにほとんど貢献できていなかったので、そろそろ本当にやばいという気持ちでいっぱいでした。今日のCaseはHotelのOccupancy  rateをいかに上げて、利益を増やすか、そのためにoverbooking systemをどのように活用すればよいか、という問題で、XLSimというSoftwareを使ってMonte Carlo Simulationを行いました。これまで、自分がTeamに貢献できなかった理由のひとつが、Caseの読み込み不足、理解不足であることは明らかだったので、今日は、午前中の授業後にCaseを渡された後、昼休みをFullに活用して、Caseを詳細まで読み込みました。


 今回のCaseはかなり複雑で、前提条件をしっかりと理解することが重要だったので、この読み込みが功を奏しました。今日はteamの中で、意見が割れたり、みんなの理解がばらばらで、なかなか思うように作業が進まなかったので、逆に自分が貢献できる余地が多く、割りと自分の意見を言うことができました。teamのoutputはいまいちでしたが、個人的には今日のgroup workには満足しました。これで、自分が馬鹿でないことを少しは示せた気がします。来週はManagement AnalysisのTestなので、週末しっかりと復習しないとなりませんが、日曜日は初めてのFootballの試合があるので、勉強時間をどれだけ確保できるか定かではありません・・・・。

全文を表示 »

Welcome Dinner of Rotary Foundation

DSC03816.jpg


 昨日は、私が奨学金を取得しているRotary FoundationのCambridge地区が主催するWelcome Dinnerに参加してきました。場所は、University Arms Hotelというところで、この日Cambridge地区(1080 district)に派遣された他の奨学生と初めて顔を合わせました。日本人が私を入れて3人(正確には他の二人はNorwich地区)で、他はAmericanが3人、計6人の奨学生が集合しました。その他にもHost Rotarianと他のRotary会員が集まり、計30人ぐらいのdinnerでした。Dinnerの途中で一人一人簡単に自己紹介をさせられましたが、私以外は、皆、二十代前半のようでした。


DSC03817.jpg


 


 Rotary奨学金は、返還不要の奨学金ですが、その代わりに留学中と帰国後に数回づつ例会でSpeechをしなければならない義務があります。私の初回Speechはどうやら11月の初旬になりそうです。MBAもかなり忙しい時期なので、大変ですが、お金を出してもらっているからには、やむを得ないですね。

全文を表示 »

Innovation Challenge


DSC03797.jpg

 明日は授業がなく、Career関連のseminorだけなので、先週のことをもうひとつ書こうと思います。先週は、Innovation Challenge (http://www.innovationchallenge.com/)というBusiness Competitionに応募しました。これは、University of Virginia(Darden School of Business)がhostを務め、Hilton、Amex, M&M, GE Money等の企業がsponsoredするcompetitionで世界各国のB-Schoolから幾つものteamが出場し、Sponsor企業が提示するbusiness上の課題に対するsolutionの優劣を競います。私の所属するteamはTaiwanese2人、Indonesian1人、Japanese2人のAsian teamです。課題は、Hilton HotelのFemale customerの顧客満足度を如何に高め、それを収益に結びつけるか、というものです。授業の合間や夕方みんなで集まり、Brain Stormingを繰り返し、deadline前日の先週土曜日、IndonesianのMの家になぜか皆、家族連れで集合し、Indonesian料理をご馳走になりながら、wineも飲みつつ、最後の仕上げを行いました。TaiwaneseのT(女性)の女性ならではの意見を尊重しつつ、なんとか幾つかの提案を盛り込むことができましたが、結果は神のみぞ知るという感じです。最初の書類審査を通過すると、次はPresentationがあるのですが、そこまで行き着くのもかなりの狭き門のようなので、書類審査で消える可能性は大ですが、group workを通じて、みんな仲良くなれたし、いい経験になりました。


 日曜日は、Judge Business Schoolの対面にあるFitzwilliam Museumに家族で行ってきました。ここはCambridge大学が運営するmuseumでdonationなどで成り立っているので、誰でもただで入場することができます。中世のEuropeの絵画などはとても興味深く、絵画に関心の高い妻も喜んでおりました。こんなすばらしいmuseumが学校の目の前にあるというのも、Cambridgeの良さのひとつです。


 それと、昨日は、私の母の誕生日でした。今年で還暦を迎える節目の年だったので、日本でお祝いしたかったのですが、できないので、Skypeで話しました。孫の顔を見るのが何よりも嬉しいようでした。それにしても、Skypeは本当に便利。

MBA 3rd Week Review

 MBAの3週目が終わりましたが、今週はかなりhardでした。月曜日と金曜日にAccounting & Corporate Finaceが7時間づつあり、水曜日と木曜日は、それぞれManagement Practice、Management Analysiが7時間。予習をまともにやろうとするととても時間が足りません。しかし、周りを見ると、特に英語に問題ない人たちは、それほどつらそうに見えません。もし、自分も英語にhandyがなければ、もう少し楽なのでは?とついつい考えてしまいます。


 Corporate FinanceやManagement Analyasisでは、Case Studyがあるのですが、このCaseを読みこなすSpeedと正確さにおいて、いつも苦い思いをしています。特にその場で渡されて読むCaseでは、周りの2倍ぐらい時間がかかる上に、正確に読み取れていない、という困った状態です。Corporate Financeのcaseでは、ある製造メーカーが生産を自社で継続するか、outsourceするか迷っており、両者のcash outflowのNPVを計算し、どちらがよいかsuggestするというものでしたが、前提条件が結構複雑で、Caseを正確に理解することができませんでした。inventoryや従業員のsalaryをどう計算に含めるかなど、正確な理解が求められるので、なかなか難しかったです。 


 Management Practiceでは、Economicsで学んだGame Theoryに基づいて、実際にGroupでGameを行いました。Prisoner's Dilemmaの”繰り返しGame”と同じ状況で、相手teamと協調し続けるか、どこかのtimingで裏切るか、各teamの戦略によって、点数が大きく開きました。私たちのteamは相手teamと最後まで協調することに成功し、全teamの中で、topのscoreを記録しました。この授業は、あまり予習しなくても、その場で全力投球すればなんとかなるような気がしておりますが、果たしてどうなることやら・・・・。

MBA 3rd Week

 昨日からいよいよMBAが本格化し始めました。昨日は、早速、AccountingとFinanceの授業が計7時間。前日の日曜日はひたすらpre-readingに費やしました。それにしても、Accountingを例に取ると、First Termは計15時間しか授業がありません。これでAccountingのすべてをcoverするのは当然不可能なので、managementに必要で、実践的な部分に必然的にFocusされます。US CPA取得に必要な勉強時間が約1,000時間と言われているので、MBA(1年制)でcoverできる範囲は相当限定されることがわかります。それでも、周りの学生は皆、賢いので、key pointだけを要領良く学んでいる気がします。Finaceでは、Excelを使って簡単なCase Studyを行いました。AccountingもFinanceも講師はともにIndianで、授業中にrandomに当ててくる(いわゆるcold call)ので、緊張感があります。ただし、当てられて答えられなくても、成績には影響しないようです・・・。


 それにしても、これから月曜日と金曜日は、AccountingとFinanceの教科書、そして、Lecture noteのFile、Laptopを持参しないといけないので、Bagが死ぬほど重いです。自転車に乗ってると後ろに仰け反り返る危険性があるぐらいです。


 

2nd time Punting

  Cambridgeに来てからもうすぐ2ヶ月になりますが、生活のset up、language school、MBAと次々にやることが生じるため、家族でCambridge lifeを楽しむ時間がやや少なかったので、今日は、私個人としては2回目、妻と娘には初のPuntingを体験しました。2回目なので、前回よりは要領を得たものの、真っ直ぐに進むのがなかなか難しかったです。妻も初めてやりましたが、私よりも要領を得るのが早かったように思います。娘は、船上で、他の船の人たちに「Hello, Hello」としきりに愛想を振りまいていました。それにしても、休日は船が多すぎて、あちこちでcalshしていました。Cambridgeは有名な観光地でもあるので、これは仕方ないですが・・・。Puntingの途中で、日本人MBAのKさん一家や、language Schoolで一緒だった台湾人のC夫妻に会ったりと、なかなか楽しかったです。

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。