2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

in London

 無事ロンドン到着しました!いまロンドンのホテルでブログ書いてます。(時差ボケで超朝型)
恐れていた子連れフライトは、前回3月の時よりはかなりマシでした。
ソウル経由でロンドン入りしましたが、ソウルまでは子供がほとんど寝てくれたので、割とゆったりできました。
機内で遊ぶおもちゃをたくさん持っていったのがよかったみたいです。機内食を子供が食べれるようになったのも大きいですね。
前回は持って行ったベビーフードをいちいち温めてもらったりで大変でした(妻が)。


 入国審査はUK VISA holderの列に並んだので、旅行者と違ってスムーズに入国できました。
(旅行シーズンとあって、旅行者の方は長蛇の列ができていましたが。)
あらためて、今回は旅行じゃないんだ、ということを実感しましたね。



 昨日は、空港近くのホテルで一泊し、今日、いよいよケンブリッジ入りします。
日本で決めてきた住居の鍵と交換にdepositをAccommodation Serviceに支払うのが、今日の最大のイベントです。
部屋の前で、Accommodation Serviceの人と待ち合わせています。


ケンブリッジまで電車で行くか、バスでいくか、今、まよってます。



 話が前後しますが、成田では見送りに来てくれた親族と、しばしの別れを惜しみました。
最近ちょっと涙腺が緩い感じです。
でも、いまはメールもSkypeもあるし、ほんとうに世界との距離が短くなりましたね。


では、次はいよいよケンブリッジから更新します。

スポンサーサイト

行ってきます!

 いま、荷造りをほぼ終えました。あとは、数時間後にダンボールを3つ送り出して、すべて完了です。フライトは8/8 AMですが、成田前泊のため、今日の午後、家を出発します。


 とにかく準備に追われた1ヶ月でした。妻にも相当な負担をかけさせてしまったと思います。妻は私の手の回らない部分をしっかりとサポートしてくれ、本当に頭の下がる思いです。


 まもなく日本語の通じない生活が始まる・・・・、そう思うと期待と不安の入り混じった思いがこみ上げてきます。また、日本に残る人たち、そして14年間可愛がってきた我が愛犬のことを思うと、寂しさがこみ上げてきます。みな、元気でいてください。


 最近、Ryo the SkywalkerというJapanese Reggaeの第一人者の"To the Future"という曲をよく聴いてます。


 歌詞はこうです(ま、書いてもあまり伝わらないと思いますが、出発を前に気持ちが高ぶってるので、書いてみます)。


 ~# どんな吹きすさぶ風でも、どんな降りしきる雨も、ここまで俺を導いた胸に燃え盛るこの火は消せねえぞ、どんなに嵐で荒れても、どんな大津波さへも、そばに君がいてくれるから懲りずまた未来へ船を出す ~#


 10年前にジャマイカで武者修行中の彼に会ったことがありますが、その努力がいま開花しているのを見て、イギリスで挑戦し、いつか成功を掴み取る(予定の)自分の姿を重ね合わせているのかもしれません・・・。


 次の更新は向こうでということになると思いますが、元気に行ってきます!

まもなく出発

 いよいよ出発日の8/8が近づいてきました。8/4には東大のクラスメートたちが壮行会を開いてくれまして、久々に飲みすぎてしまいましたが、みんなから心温まる色紙をもらい、この4ヶ月間に新たな仲間たちができたことをとてもうれしく思いました。


 そして、今日は、親族集まって、花火を見ながらの壮行会を開いてもらいました。こういう幸せな時間はあっという間に過ぎてしまうものですね。妻と私の両親は孫と過ごす時間をとても楽しみにしていたので、その機会を一年間奪ってしまうことに罪の意識を感じました。でも、行くからには大きな何かを掴んで帰ってきたいという思いを新たにしました。


 今日は、アマゾンからいくつも本が届きました。マーケティングやファイナンスの指定教科書、そして、日本語の定番本などを買い込み、現実味が増してきました。しっかし、こんな分厚い本、読めるんですかね。要領よくこなしていかないと、イギリスを楽しむ時間がなくなってしまう・・・。

VISAとの格闘に終止符

 以前、6ヶ月のVISAしか取得できなかったので、1年のVISAを取得するために再申請が必要だと書いたのですが、実は必要でないことが判明しました。先日、college決定後、conditionなしのFinal offer letterを速やかに受領したので、これをもってイギリス大使館に再度出向こうと思い、申請書類を再度記載していたところ、よーーーく見ると、有効期限が "31/1/08" となっているではないですか!そのときのアタマの中を再現すると、


「あれっ、今年は2006年だよな。」


「ということは、来年は2007年」


「1月31日までということは、8月に渡英するから半年だよな」


「あれ、待てよ、2008年の1月31日って書いてあるけど」


「え、半年じゃなくて、1年半じゃん!」 


というわけで、1年半のVISAが出ていたのです・・・・。自分の馬鹿さ加減に、MBAでやっていく自信を失いかけてます・・・。


 しかし、VISA申請のとき、窓口の新人らしきアジア系の女性が、訛りのある日本語で、「conditionがついてるから半年分のVISAしか出せない」と確かに言ったのです。それを鵜呑みにしていたので、VISAが発給されたときに期間をあまり注意深く見てませんでした、私には、ただ、「1/31まで」というところしか見えておらず、「あーあ、やっぱり半年分しか出てないんだ」と思っていたのです。


 だんだん言い訳がましくなってきましたが、結果はVISAが雄弁に物語っています。つまり、再申請は不要、追加費用も不要、大使館のごく一部の人間の官僚的、高圧的態度にムカつくことも不要、になったわけです。メデタシ。


 プロセスはどうあれ、結論として、condition付きのoffet letterであっても、一年半のVISAが取得できたということになります。これが万人にあてはまることなのかはよくわかりません。(大使館のミスかもしれませんが、そんなことは知ったこっちゃないですね、この際。そんな重要なミスをするとも思えませんが・・・。)


 出発を一週間後に控えているとは思えないほど、波乱万丈ですが、めげずにがんばろうと思います。


買出し

 今日はビックカメラで必要な電化製品をまとめ買いしてきました。ノートパソコン(VAIO)、電子辞書(SII)2個(自分用と妻用)、ボイスレコーダー(Olympus)、イギリス用の電源コード・プラグなどです。あと、電池もまとめ買いしました。イギリスでは結構高いと聞いたので。


 今日はいかにビックカメラのポイントを使い切って、効率よく買うかが勝負でした。店員さんに協力してもらい、商品を一個一個別に会計してもらい、その都度、ポイントを吐き出して、不足分を現金orカードで払い、また貯まったポイントを次の商品で使うといった具合です。カード決済と現金決済でポイント率が違うので、手持ち現金を考慮しながら、使い分けました。こういうのも結構アタマ使いますねぇ・・・。でも、最後には残りポイントが100円以下になっていたので、なかなか戦略的に購入できたと思います。


 出発まで10日を切りました。だんだん、気が引き締まってきました・・・。

«  | HOME |  »

プロフィール

ksh

Author:ksh
東京都出身。東京・品川のエレクトロ二クスメーカーに8年勤務。イギリス・Cambridge大学MBAと東大公共政策大学院(Economic Policy)でダブル・ディグリー取得を目指す。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。